やりたい仕事にジェンダー・ステレオタイプが与える影響とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェンダー・ステレオタイプって
知っていますか?

簡単にいうと、

「男性ってこういうものだよね」
「女性ってこうあるべきだよね」

といったような性別による特徴に
関する社会的な概念をいいます。

今回は、このジェンダー・ステレオ
タイプとやりたい仕事の関係に
ついて紹介します。


30代、今からでも遅くない!
本当にやりたい仕事を見つけよう!!
キャリアコンサルタントの浦田です。

ジェンダー・ステレオタイプとは
「典型的な男性」「典型的な女性」
とはこういうものである、という
社会的な概念のことです。

仕事や日常生活の中で、これを感じる
ことは多いのではないでしょうか?

ジェンダー・ステレオタイプには
具体的にはどんなものがあるので
しょうか?

ジェンダー・ステレオタイプ

日本におけるジェンダー・ステレオ
タイプには次のようなものがあると
言われています。

特 徴 男 性 女 性
服 装 パンツ
スーツ
ネクタイ
スカート
ワンピース
ネックレス
言葉使い 僕、オレ
身体上の特徴 背が高い
たくましい筋肉
力が強い
体力がある
運動ができる
ほっそりとした
髪が長い
色白
弱々しい
かわいらしい
性格上の特徴 冒険好き
攻撃的
意思が強い
自己主張が強い
理性的
行動力がある
経済力がある
指導力がある
決断力がある
仕事に専心的
美しい
おしゃれ
行儀がよい
優しい
涙もろい
気が利く
謙虚
従順
依存的
家庭的

このジェンダー・ステレオタイプは、
誰もがもっています。
もちろん、個人差はかなりあります。

誰もがこのジェンダー・ステレオタイプ
を同じ程度だと考えているわけでは
ありません。

そして、ジェンダー・ステレオタイプ
は自覚していないことも多いのです。

ジェンダー・ステレオタイプがやりたい仕事に与える影響とは?

ジェンダー・ステレオタイプは、
その人の職業観にも影響を与えます。

つまり、

「この職業は男性(女性)らしい」
「この仕事をしているのは女性
(男性)が多い」

など職業や仕事に関するジェンダー・
ステレオタイプを人はもっています

しかし、人はジェンダー・ステレオ
タイプを自覚していないことも多い
のです。

この自覚していないジェンダー・
ステレオタイプが、仕事の違和感を
生み出す原因になることがあるんです

例えば、ある女性が今の仕事について
「この職業は男性らしい仕事」
というジェンダー・ステレオタイプを
無意識にもっていたとします。

すると、仕事の内容にはやりがいを
感じていたとしても、

「なにか女性である自分がその仕事を
していることに違和感がある」

といったことを無意識に感じることが
起きます。

この場合、その仕事は自分がやりたい
仕事なのかな?と悩むことになります。

もしかしたら、あなたの悩みの原因は、
ジェンダー・ステレオタイプにある
かもしれません。

でも勘違いしないでください。
ジェンダー・ステレオタイプを持つ
ことは悪いことではありません
むしろ、普通のことです。

ジェンダー・ステレオタイプの影響は
誰でも受けます。

だから、自分のジェンダー・ステレオ
タイプをを知ることは、やりたい仕事
探しにおいては重要になります

もしかしたら、あなたの今の悩みは
自分のジェンダー・ステレオタイプを
知ることで解決できるかもしれません。

まとめ

人は誰でも職業や仕事に関する
ジェンダー・ステレオタイプを
もっています。

しかし、自分がどんなジェンダー・
ステレオタイプをもっているかは
自覚していないことが多いのです。

そうすると、
「仕事自体にはやりがいを感じて
いるけど、何か違和感がある」
というようなことが起こります。

もしかしたら、あなたの今の悩みの
原因はジェンダー・ステレオタイプに
あるかもしれません。

自分のジェンダー・ステレオタイプを
分析してみましょう!
あなたが本当にやりたい仕事のヒント
が見つかるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料 適職診断『パーソナリティ・タイプ診断』

自分に合う仕事のタイプを知ると
あなたのやりたい仕事が見えてくる!

簡単な質問に答えるだけで、あなたのパーソナリティ・タイプがわかります。

パーソナリティ・タイプとは、簡単にいうとあなたの性格のタイプのことです。
ここからあなたに合う仕事のタイプがわかります。

この診断は、キャリアカウンセリングでよく使われるホランド(Holland,J.L.)の理論に基づいたもので、信頼性が高い診断です。

自分のタイプを知ることは、本当にやりたい仕事を見つけるための第一歩です。

本当に「やりたい!」と思える仕事を見つけたい人は、まずこの診断からはじめてみませんか?

<イメージ>
personaltype_image

無料適職診断を受ける

SNSでもご購読できます。